一戸建てのタイプ|競売の流れを把握してお得に売却|物件手放しプラン
ウーマン

競売の流れを把握してお得に売却|物件手放しプラン

一戸建てのタイプ

内観

タイプ別に見る一戸建て

一戸建てに住む場合、一般的に購入することがまず考えられます。これは、すでにある土地に建築されたものである分譲住宅と、自分の土地や借りた土地に住宅を建てる注文住宅に分かれます。 前者は、土地と一戸建て住宅をセットで購入できるため、土地や施工業者を探す手間が省けます。また、ガスや水道などの引き込みも含め、完成した住宅を手に入れられるので、建築で待たされることもありません。 後者は、自分の好みで家の間取りや形状などを選択することができますので、より自由度が高く自分に合ったものを購入できるのがメリットです。 購入する十分な予算がない、などという場合は一戸建てを借りることもできます。敷金などの初期費用と家賃で、すぐ生活が始められるのは、大きな魅力です。

もう一つの住居形態、集合住宅

一戸建ての他の住宅形態として、集合住宅があります。マンションやアパートがこれにあたります。 購入の場合は、新規に分譲されているものや中古の物件を探すことになります。新規の場合は、最新の設備が導入されていることが多く、セキュリティや利便性が大幅に高まっています。中古でもリノベーションで、内装や設備が一新されているものがあり、割安でもグレードの高い物件を手に入れることも可能です。 購入したいが資金が足りない、転勤などで転居が多いなどの場合は、賃貸を利用する選択肢もあります。 狭い土地でも、上方向に伸ばし多くの戸数を提供できるのが、集合住宅のメリットです。必然的に物件数は多くなりますので、駅近などの好条件のものも見つけられる可能性はより高くなっています。