宅建業者の存在|競売の流れを把握してお得に売却|物件手放しプラン
ウーマン

競売の流れを把握してお得に売却|物件手放しプラン

宅建業者の存在

建物

宅建業は不可欠な存在

社会生活の中で不動産を取り扱っている会社は宅建業者と呼ばれています。 もちろん、これには不動産の売却も含まれています。 宅建業者には、二つの意味が含まれています。 一つは、自らが行う不動産などの売買やそれに伴う取引を行う業者という意味です。 もう一つが、売買やそれに伴う取引を代理や仲介することができる業者のことです。 不動産の売却をするときには、この二番目の意味の宅建業に含まれているため必ず資格を持っている第三者に依頼しなくてはいけません。 もちろん、宅建業としての資格を持っているのならば問題ありませんが一般人がこうした資格を持っていることは少ないのです。 宅建業の免許は、活動範囲が広くなるほどその認可の基準も厳しくなるためその見極めで会社の優劣を判断することも可能です。

主任者が必ず必要になる

不動産を売却するときには、宅地建物取引主任者という特別な存在が必要になります。 これは、宅建業の認可を受けた会社とは別に必要になるため注意が必要です。 現在では、この責任者が不動産に関する説明を行うことが義務付けられているのです。 例えば、不動産の中には何らかの事故や事件に巻き込まれた物件も含まれています。 このような事実は、不動産を売却するときにこの主任者が必ず購入する者に対して事実として伝えなくてはいけません。 仮に、責任者が事実を伝えて購入希望者が契約を締結しなくなってしまってもそれは仕方がないことなのです。 現在では不動産の売却に関する責任や説明は、契約をする前にきちんとその所在を明らかにしなくてはいけないようになっているのです。